キーワード帳を作る

キーワードを集めたネタ帳を準備する

SEO対策のさまざまなテクニックを実践しても、適切なキーワードを選べていないと、すべてが無駄になります。1語でSEO対策ができるわけではなく、テーマに関連したキーワードをたくさん用意することが重要です。そこでSEO対策の基本となる「キーワード帳」を作りましょう。サイトのテーマに合った、SEOに有効なキーワードを集めたキーワード帳があれば、その後の対策がスムーズになります。「キーワード最適化ツール」と「AdWordsキーワードツール」を使ってその言葉の人気度や複合語などを調べ、Excelなどの表計算ソフトに記録していきましょう。ただし、「タイ料理」で検索した場合の「タイ料理留学」など、自分のサイトとは関係のなさそうなものは省きます。まずは自分が気になるキーワードを調べ、キーワード帳に追加します。最終的に100個前後が集まることを目標にするといいでしょう。

検索エンジンの「関連検索」はヒントの宝庫

キーワードの数を増やすには、ツールで調べることが基本ですが、検索エンジンが提供する「関連検索」もキーワード探しに役立ちます。GoogleもYahoo!JAPANも、あるキーワードで検索すると、関連したほかのキーワードを検索結果に表示してくれます。たとえばYahoo!JAPANで「タイ料理」と検索すると、検索結果の上部、下部に「タイ料理」に関連したキーワードが表示されます。上部は下部に含まれるので下部だけ確認すれば問題ありません。すると、「タイ料理用語」という新たなキーワードが見つかったりします。Googleも同様の機能がありGoogleでは「他のキーワード」と上部、下部にキーワードの候補が表示されます。新たに発見したキーワードはキーワード帳にコピーしておきましょう。

参考サイト:SEO対策会社の東京SEOメーカー