検索エンジンは論理構造を重視する

検索エンジンはサイトを訪れたときに、私達人間の目で見えるような視覚的表現在含めた形でサイトを認識しているわけではない。 HTML (Hyper Text Markup Language) と呼ばれる文書で記述されたソースを読むことで、 そのサイトが何について書かれているものなのかを認識しているのだ。そして、検索エンジンで上位に表示されるためには、検索エンジンにとって読みやすいサイト、つまりクローラーが理解しやすいようなHTMLで記述された サイトであることが重要である。 HTMLは、 SEOを考える上でいわば基盤となる要素なのだ。 では、クローラーはHTMLで記述された文書をどのように認識し、評価しているのだろうか。その評価の対象は主にテキスト文字である。動画はもちろん、 GIF やJPEG などの画像や画像になった文字も検索エンジンは理解することができない。クロ ラーはソース上に記述されたテキスト情報を収集し、 そのテキスト量やテキス卜が記述されている位置、キーワードの出現頻度など、様々な要素に対して評価を行っていく 。 大前提として今の検索エンジンは、「テキスト情報が論文のように論理構造が整っているものを評価する」ということを知って おいて頂きたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です