HTMLファイルはシンプルに

HTML内を簡素化する方法を学んでいきます。ここから話をする属性定義とは、

  • 文字の大きさ
  • 文字の太さ
  • 文字の色
  • 行間
  • 文字の位置
  • 下線
  • 背景色

等を指定することを言います。

このような装飾のためのタグは、できる限り、HTML側ではなくCSS側で、行ってください。

なぜなら、HTML側で、装飾を胞すような冗長なタグは、SEOにおいて不利となるからです。HTYILタグの中身は必要最低限にとどめ、できるだけシンプルにすることが重要です。

検索エンジンのロボットは、複雑なHTMLを苦手としています。その代表が、フレーム、tableタグ、Flash、]avaScript等です。HTML側が多くのタグで入り組んだ状態の場合、途中でページ内の情報収集を止めて帰ってしまうこともあります。

そのため、使用をなるべく控えるか、もしくはJavaScript等は外部参照にして、HTMLをなるべくすっきりさせる工夫が必要です。同様に、レイアウトや装飾についても、CSSの外部ファイルを活用する必要があります。それでは、HTMLで文字の装飾などを行っている悪い例を、実際に見ていきましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です