エラーページのコンテンツ

ユーザーにとって「役に立つ」と思えるようなオリジナル404エラーページを作成することは、SEOにとって、とても大切なことと言えるでしょう。ページが存在しないことだけを伝える以外、具体的に はどういったコンテンツを入れ込んだエラーページを作成すればよいのか、少し見ていきましょう。まずは、前述したとおり、アクセスしたページが見つからないということを明確に伝えることも大切でしょう。このことを伝えないままだと、なぜこのページに着いてしまったのか分からないという状況が起きてしまいかねないでしょう。その他には、サイトのデザインと合わせるということも大切でしょう。まったくデザインが違ってしまっては、ユーザーはさらに混乱してしまうでしょう。ユーザーがまだ、そのサイトにいるということを表現してあげると良いかもしれません。また、ユーザーに対して、サイト内に戻りやすくするためにも、グローパルナビゲーシヨンやパンくずリスト、トップページへのリンクといったものを設置すると良いでしょう。サイトの規模が大きいと、 トップページからページを探すのにも時間がかかってしまう可能性があるため、ユーザーの求めるコンテンツを探しやすくするため、検索窓やサイトマップを設置しておくのも良いでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です